カテゴリ:ホタル

entrance

ホタルの季節に向けて

花粉の飛散量もピークを迎え、いよいよ春らしくなってきました。まだまだ先だと思っていたホタルの季節も、あと2カ月ほどで始まります。昨年はホタルカフェのくせにホタルの季節にオープンが間に合わず、今年がホタルカフェとして迎える初めてのホタルシーズン。細かなことを決める前に、まず大切なことは何か、あらためて確認しようと思います。

続きを読む

ホタルシーズンはまだまだ続きます

毎年5月中旬頃から始まるホタルの季節。お祭りも終わり、人の往来もグッと少なくなったホタルカフェ周辺ですが、まだまだホタルシーズンは終わっていません。少し前までうちの前を飛んでいた源氏ぼたるの姿は、最近ではほとんどみかけなくなりましたが、裏の田んぼでは平家ぼたるのイルミネーションが最高に美しい時期を迎えています。

続きを読む

フェンス工事完了

ゴールデンウィーク中に立てた枕木の支柱にようやく横板が張られ、駐車場と裏のデッキのフェンスが完成しました。板はまたしてもいただきものの端材。外壁や窓枠、カフェのエントランスドアと同じレッドシダーです。ここに蔓科の植物が上手い具合に絡んでくれる姿を想像しながら、即席にしてはなかなかの出来映えのフェンスが登場しました。

続きを読む

光をつなぐ

今年もホタルの季節になりました。ここいすみ市の「源氏ぼたるの里」でも、最初の数匹が飛び始めたようです。ゲンジボタルの光のコミュニケーションは、求愛のためだとも言われているようですね。相手を見つけることに成功したゲンジボタルは交尾をし、卵を産み、成虫としてのその短い一生を終えていきます。

続きを読む

源氏ボタルの里休憩所

昨日、一昨日と朝7時半頃からうちの前にトラックがやってきて、ホタルの里にある休憩所の工事がおこなわれていました。この休憩所は毎年5月末から6月初旬に開催される「源氏ぼたる鑑賞の夕べ」の際に一般開放されているようです。ぼくたちはまだ中に入ったことがないのですが、休憩所の奥にはホタル鑑賞用の遊歩道があります。

続きを読む

ホタルの季節が終わりました

少し前の話になりますが先々週の週末、今年3度目のホタル鑑賞をしてきました。7月の末にもなると、飛んでいるのはサイズの小さなヘイケボタルのみ。その小さく儚い光は、視界にとらえた途端に闇の中に消え、また別の光が視界のすみのほうで灯る。6月中旬に同じ場所で観た、源平入り乱れての光のハーモニーとはまた違う美しさです。

続きを読む

人生初ホタル

ついにやりました。ぼくたちが住む土地のすぐ近く、田んぼの合間を流れる水路に乱舞するゲンジボタルをようやくこの目で見てきました。生まれて初めて見るホタルの光は感動的であるとともに、ホタルが自生することの貴重さ、それを守っていくことの大切さをあらためて感じ、身の引き締まる思いです。

続きを読む

ホタルについてちょっと勉強

前にも書いたのですが、ぼくはホタルを見たこともなければ、ホタルについての知識もほとんどありません。これから先、ホタルが自生する地域に住み、カフェという場所を設ける上で、ホタルが自生する自然環境について学び、地元の方々と協力してその環境を保全していくことはとても大切なこと。というわけでまずは図書館で本を借りてきました。

続きを読む

ホタルがいる場所

ぼくたちが今度住むところ(半年以上先になりますが)には、古くからゲンジボタルが自生しています。季節になると、黄緑色の小さな光が飛び交い、その光景を見るために多くの人がその場所を訪れるようです。そんな大切な自然が残された場所で、ぼくたちはこれからの日々をどうやって過ごしていけばいいのでしょう。

続きを読む